検索
  • Yasuyo Matsumoto

夏土用


今年は、

7月20日~8月7日

が、

「夏土用」

と呼ばれる期間です。

昨日、「パーソナル健康学 おのころ心平」さんのメルマガでも

夏土用についての配信がありました。

この期間は、

食べ過ぎや、

冷たいものの取り過ぎに注意して過ごすと、

秋を元気に過ごせるんです!

「土用」の期間は、

春夏秋冬、年4回ありますが、

各土用とも、

免疫のリンパ球を生み出す「脾臓」を大事にすることを心掛けておくといい、

「免疫調整の期間」となります。

この夏土用の終わる8月7日はといえば、

まだまだ暑い盛り!!という感じもしますが、

暦の上では「立秋」で、気がつけば

「いっときほど暑くなくなったねぇ」というふうになってきます。

やはり秋が始まります。

身体も秋モードに変わってきます。

食材も、秋のお野菜などが出てきます。

秋は、食欲の秋、とも言われるように、

秋になると呼吸と腸の機能が変容するそうです。

その前のこの夏土用の18日間にはその準備として、

冷たいもので腸を冷やし過ぎないように、

食べ過ぎで胃腸を疲れさせないように、

食べ過ぎてしまったら、食休みをしっかりとって

#自然堂だより

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

無症状では感 染しないらしい・マスクの日常化で引き起こされる体の不具合

ドイツの、大変有名な神経学者マーガレット・グリーズブリッソン博士が フェイスマスク着用に警告を出されています。 ドイツの神経学者がマスク着用に警告!私達は皆目を覚さなければならない 先日の、 真相を知ろうとすることは、身体を大切にすることにも繋がること❷ を、お読みいただけると分かりますが、 コ ろ奈ウイ ルスは、“無症状” の人の飛沫には、 他人を感染させるだけのウ イルスの数がいません。 では

ドイツの神経学者が警告、私たちは皆 目を覚さなければ !

こんにちわ。 先日の、「真相を知ろうとする事は、身体を大切にする事にもつながる事♡」 というブログ記事の中に、 ☆マスクをして、自分の吐いた二酸化炭素を吸い続けていると、 脳が酸欠になることで、脳の神経が消滅し、そのようにして、失われた神経は、 二度と戻らないこともあると知った。 と、書いて、その後に →「ドイツの神経学者がマスク着用に警告!私達は皆目を覚さなければならない他」というラミーコ3とい

 © 自然堂 All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • ameba02