検索
  • Yasuyo Matsumoto

よく噛むのが苦手な方は

「たくさん噛んだ方が良い」とは、よく言われていますが、

たくさん噛むとどんな良いことがあるのでしょうか。


たくさんの良いことがあります!!


と、聞いて、

「よし!たくさん噛むようにしよう!!」

と思っても、

食事中に思い出すことが出来なかったり、


思い出して、たくさん噛もうとしてみても、


まあたいへん!!


ひと口毎に、20回も30回も噛むなんて、、、


50回なんて噛んでられるか!


100回なんて噛んでみようものなら、

いったいいつまで噛んでたらいいんだ!!

なんていう気持ちになるのではないでしょうか。



よく噛んでみようとすると、


普段、どんなに少ししか噛んでいないか、


ということに気付くことが出来ると思います。




もちろん、

たくさん噛んでいると、その分、

食事に時間がかかります。



ゆっくり食事を出来るのは、とても幸せなことだと思いますが、

ちんたら食べるのが遅いのは嫌、と感じる人もいるでしょう。



そこでお薦めなのが、


“最初の一口だけでも、30回噛む”


です。



その後は、自分のペースで楽しく美味しく食事をする。




噛むという行為そのものも、

噛んで唾液と食べ物をよく混ぜる、というのも


とても胃の負担を減らすことですので、

食事の最初が一番いいですが、


食事の最初に忘れてしまっていても、

もし途中で思い出すことが出来た場合には、


“思い出した最初の一口だけでも、30回噛めばいい”


という事にしておきましょ。



胃にも自分にも、周りの人にもなるべく優しく♡




たくさん噛むとどんな良いことがたくさんあるかということについては、


またおいおい書いていきたいと思います。















5回の閲覧

最新記事

すべて表示

ゆらぎを整える

自然界に存在するものは、いつもゆらいでいます。 “ゆらぎ” の種類の中の一つ、“1/f ゆらぎ” というのを聞き覚えのある方も多いかと思いますが、 「規則的な中にも不規則が存在しているゆらぎ」のことをいいます。 自然界は物理の法則に従って規則的に動いていますが、完璧に法則通りではなく、1/f ゆらぎを含むものがたくさんあります。 人の身体も自然のものですので、常にゆらぎを持っています。 波動と言わ

お水を飲みましょ

暑いですね。 長い梅雨が明け、 突然8月、気づけば真っ盛りの真夏 という感じでした。 そしてもうすぐ立秋ですね。 こんにちわ! 自然堂院長の妻です。 暑いとついつい、冷たいものを クーーっと飲む、という方も多いのではないかと思いますが ぜひ、日頃から、少しずつ、常温のお水も、飲むようにしてみてくださいね。 「水」だけが、直接、脳の栄養になるものだそうです。 そして何か、同じ“事”に出会った時に、

残気を吐き切る

呼吸法をする事を、生活に取り入れたら、元気が出てきます。 ですが、忙しい生活の中で、時間を取るのは難しい。 そんな時には、 「残気を吐き切る」事だけでも、 思い出した時に、やれるようになったらいいですね! 読みながら、今、一度やってみてください(^-^) ↓↓ ☆★☆★☆★☆★☆ 鼻からゆっくり息を吐いてみてください。 「だいたい吐ききった」と感じたところから、 さらに、吐き続けます。 そこから、

 © 自然堂 All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • ameba02