検索
  • りあき 松本

残気を吐き切る

呼吸法をする事を、生活に取り入れたら、元気が出てきます。



ですが、忙しい生活の中で、時間を取るのは難しい。



そんな時には、

「残気を吐き切る」事だけでも、

思い出した時に、やれるようになったらいいですね!



読みながら、今、一度やってみてください(^-^)


↓↓


☆★☆★☆★☆★☆


鼻からゆっくり息を吐いてみてください。


「だいたい吐ききった」と感じたところから、


さらに、吐き続けます。


そこから、

意図的に、腹筋を使って、お腹を引っ込めていくと、


横隔膜が上がって、


肺から空気を出す事を助けることが出来ます。



そうやって、


「これ以上出るものは何もない」


というところまで息を吐いてみると、



肺中の空気を総入れ替え、する事が出来ます。



☆★☆★☆★☆★☆★☆



深呼吸をしたり、

寝ている時に深い呼吸をしていても、


こうして、わざと息を吐ききらない限りは、

残気がある状態なので、



一日一回でも、思い出した時に、


昨日も一昨日も、忘れてしまっていたとしても、思い出した時に、



息を吐ききって、

空気の総入れ替え、


おすすめです!













12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

無症状では感 染しないらしい・マスクの日常化で引き起こされる体の不具合

ドイツの、大変有名な神経学者マーガレット・グリーズブリッソン博士が フェイスマスク着用に警告を出されています。 ドイツの神経学者がマスク着用に警告!私達は皆目を覚さなければならない 先日の、 真相を知ろうとすることは、身体を大切にすることにも繋がること❷ を、お読みいただけると分かりますが、 コ ろ奈ウイ ルスは、“無症状” の人の飛沫には、 他人を感染させるだけのウ イルスの数がいません。 では

ドイツの神経学者が警告、私たちは皆 目を覚さなければ !

こんにちわ。 先日の、「真相を知ろうとする事は、身体を大切にする事にもつながる事♡」 というブログ記事の中に、 ☆マスクをして、自分の吐いた二酸化炭素を吸い続けていると、 脳が酸欠になることで、脳の神経が消滅し、そのようにして、失われた神経は、 二度と戻らないこともあると知った。 と、書いて、その後に →「ドイツの神経学者がマスク着用に警告!私達は皆目を覚さなければならない他」というラミーコ3とい

 © 自然堂 All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • ameba02